自分の発達特性を整理するためのシートを作成しました。

この記事は約2分で読めます。

 自分の発達特性とその対策を整理するためのシートを作成しました。

 もともと私個人用に作成していたものをアレンジしたものなので、使い勝手はいまいちかもしれませんが、よければご活用下さい。

 Excel版とGoogleスプレッドシート版を置いています。(スマートフォンでも使用できますが、PC推奨です。)

1. Excel版

 シンプルなExcel用のバージョンです。使い方は見ればわかると思いますので、適当に自分の使いやすいように改変して使っていただければと思います。

 ⇩ダウンロードリンク

 エクセル版特性・困りごと整理シートver1.0

2. Googleスプレッドシート版

 Excel版と違い、まずチェックシートにチェックを付け、それが項目として次のシートに出てくるというのが特徴です。

 ちょっと使い方がややこしくなってしまったので、使い方を以下に説明します。

1.リンクをクリックして、スプレッドシートを開く。

 以下のリンクをクリックすると、Googleスプレッドシートが開くと思います。

リンク:特性・困りごと整理シート

 しかし、このままでは編集ができないので、左上の「ファイル」から「コピーを作成」を選んで下さい。
 スマートフォンの場合、右上のメニューの中の「共有とエクスポート」の中に「コピーを作成」の項目があるので、一度コピーを保存してから、それを開いて使用して下さい。

  1. スマートフォンの場合

 

 コピーを作成したら、以下の手順で、自分の特性を整理していきましょう。

2.チェックリストの該当する項目にチェックを入れていく。

 14項目のチェックリストがあるので、「よくある」「ある」「あまりない」のいずれかにチェックを入れていきましょう。

 

 すべての項目にチェックを入れ終わったら、次に下のシート選択から「対策記入」のシートをクリックして移動しましょう。

 対策記入のシートには、先程「よくある」「ある」にチェックを入れた項目が自動的にピックアップされて、表示されます。

 

3.対策や配慮してほしいことを記入する。 

 右の太枠欄に具体的な症状、自分でする対策、配慮してほしいことなどをまとめていきましょう。

 例えば、以下のような形で書いてきましょう。よければ参考にして下さい。

 

(⇧目次に戻る)

参考になった 1
⇧記事が参考になったら押して下さい。サイト作成の参考にいたします。
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました